好きですけど、なにか?

常になにかのヲタでいたい。今はジャニヲタです。

Defiledを観てきた(4/25)

※展開に触れる部分もあるため、舞台をご覧になっていない方はご注意ください。

 

 

 

 

終始ハリーは駄々をこねる子どもに見えた。自分の欲求を押し通そうとする様も、時折甘えを欲する様も。
それに対してディッキーは自分の息子に接するかのように優しく彼の話を聞き、時々大声を上げてハリーに厳しくあたった。序盤はそれに抗っていたハリーだったけど、終盤は少しずつディッキーに頼りたい気持ちが見え隠れしていたように見えた。

 

子どもっぽいハリー像は戸塚さんだからこそ創ることができたものだと思う。少なくともわたしにはハリーを演じる戸塚さんの容姿、声、仕草、それぞれがどこか成熟した大人には見えなかった。設定の人物像や初演で大沢たかおさんが演じていることを考えると、ハリーのイメージからは少々乖離がある。


でも子どもみたいだ、と捉えることでスッと理解出来る部分もあった。子どもの頃って何でもないものを宝物として取っておく、みたいなことがよくある。そこら辺に転がってるただの石ころや野花、セミやヘビの抜け殻などなど。誰しも「何でこれを大切にしていたんだろう?」って思うことが一度はあったと思う。周りの大人にとってハリーの主張はそんな風に見えたんじゃないかって。ハリーの周りの大人たちは当人にとってなぜそれが大切なものになったのかというプロセスを理解せず、無闇に引き離そうとした結果、ハリーは図書館に立て籠もることを選んだ。幸いにもそのプロセスを理解しようと歩み寄ってくれたのがディッキーだった。

 

結局のところハリーは誰かに甘えたかったんだと思う。ハリーに関わってきた女性として母、姉、メリンダが挙げられるけど、彼が彼女たちに感情を寄せる一方で、彼女たちが彼に与えたものって何だったんだろう。わたしにはそれを感じ取ることができなかった。母性的な優しさを十分に受けられなかったハリーにとって、ディッキーは厳しくも自分を受け入れてくれる最後の砦だったんだろう。ここでの彼の甘えには子ども的な構ってほしい欲というより、どこか壊れているそんな自分を愛してほしい、というような承認欲求に近いものがある。それは終盤で満たされてハッピーエンドで終わるかと思いきや、そうはいかないのが残酷。後味は決して良いものじゃなかった。

 

数日経った今でも戸塚さんの眼が忘れられない。パンフレットに掲載されている稽古中の眼つきと、舞台上の眼つきが全然違っていた。正直なところDefiledを見るまで戸塚さんの芝居に苦手意識があったけど、それを超えて「凄い!」と思わせてくれるものを見てしまった気がする。ハリーという追い込まれた状態にいる役柄の力が相乗されていたとしても、あの眼はそう易々と出せるものではない気がする。そんな眼を戸塚さんが持っていたことにゾクッとした。

 

Defiledは娯楽性は皆無だし、軽い足取りで劇場を後に出来る作品じゃない。重いし後味は悪い。でも。人間同士エネルギーのぶつかり合う瞬間を詰め込んだ作品だった。ハリーは最期の最期でエネルギーを思いっきりぶつけることが出来て幸せだったのかもしれない。

A.B.C-Z LOVE!!!!!

A.B.C-Zデビュー5周年おめでとう‼︎‼︎!

下積みが長くて苦労人と呼ばれるA.B.C-Z
たぶん誰よりもステージで輝くことの楽しさと辛さを味わってきたんだと思う。
若い時だからこそ、若さゆえに簡単に投げることも諦めることも出来ただろうに、腐らず曲がらずにここまできた。
だからA.B.C-Zは、5人は尊い。


わたしはA.B.C-Zの何に惹かれたんだろう?
歌か?踊りか?アクロバットか?
もちろんそれらも要素としてあったけど、おそらくは人間的な興味だ。
ひとりの人間として、タレントとして、エンターテイナーとしての人間臭さに惹かれたんだ。

A.B.C-Zには天才も秀才もいない。
だけど好きと努力と根性と優しさは誰にも負けない人たちが集まったグループだ。
そんなグループの作るものを見て、こっちが幸せにならないわけないでしょうよ!!!!!

それだけでこっちは十分なんだよ。
楽しいと思える時間を与えてくれるだけで、アイドル/エンターテイナーとしては及第点なんだよ。
でもそこに畳み掛けるように度々感謝を伝えてくれる。

ありがとうと言いたいのはこっちです!!!!!


わたしがありがとうと言いたいのはA.B.C-Z本人たちだけじゃない。
ジュニアの頃からA.B.C-Zの彼らを応援してきたファンの先輩方もだ。
この人達がいなければA.B.C-Zは?メンバーは?
少しずつ、少しずつ、いろんなズレが生じて、この日を迎えられていたかどうかわからない。

長い下積み時代から支えてきたファンの皆さま、本当にありがとうございます。
そしておめでとうございます!!!!!


いつかこの瞬間を体感できたこと、誇らしく思う日が必ず来るだろうって信じています。
その日まで、その先も、どうかあなた方と一緒に走らせてください。

A.B.C-Zに関わった皆さま、5周年本当におめでとうございます!!!!!
6年目スタートだ!!!!!

 

「ジャニーズと日本」を読んでSMAPと嵐とA.B.C-Zを思う

矢野利裕「ジャニーズと日本」を読みました。
ジャニーズグループを応援する身としてはとても興味深い内容。これまでもいろいろ読んできたけど、ジャニーズの"文化"としての側面や、ジャニーズ音楽のバックグラウンドも知ることが出来た。
以下雑多な感想です。

わたしは今、嵐とA.B.C-Zのファンクラブに入っていて、他にはTOKIOが好き。で、今は特に5周年で新曲発売を控えたA.B.C-Zが関心対象ナンバーワンなわけだけど、A.B.C-ZにはジャニーズのDNAや歴史が存分に注がれているな、と感じた。たぶんジャニーズグループの中でもジャニーさんに近しい存在だからだろうな。

ちょうどこれを読む前に「花言葉」通常盤収録の2015年ABC座のショー部分を見た。
わたしはABC座を生で見たことがない。でも1幕お芝居、2幕ショーって、これまんま宝塚と同じ構成じゃん!って今更気付いた。
矢野さんも言及しているけど、ジャニーズと宝塚は類似点が多いし、ジャニーさんが目指すものには宝塚のシステムに近いものがある。
ABC座=宝塚。

さらには少年隊の存在。
A.B.C-Zは少年隊(特に錦織さん?)との接点が非常に多い。
ジャニーズの中でいう少年隊は、パフォーマンスレベルの高さやその志向性からして、ジャニーズ事務所の最高傑作と言えるグループだと思う。
その少年隊が掲げるものを引き継いでいるのがA.B.C-Z

それからSMAP
SMAPがジャニーズにもたらした功績の一つはバラエティへの本格進出とそれに伴う芸人的要素。
DVDにてコントを披露、バラエティも深夜のテレ東、アイドルとしてはだいぶアウトなことにチャレンジさせられているA.B.C-Zを思わずにはいられない。

そして何よりも、初代ジャニーズが歌うはずだった「Never My Love」が持ち歌であること。
ジャニーさんのA.B.C-Zに対する信頼と期待をうかがい知れます。


A.B.C-Zの話はこれくらいとして、ちょっとSMAPについても考えてみたい。
昨年末に買った「Clip!Smap!」でSMAPのMVに触れて思ったことがある。それはロケでの撮影が多いこと。ダイナマイトはトラックの荷台に乗っているし、弾丸ファイターでは一般の人が振り返る中、ガンガン街中を歩く。
ここで嵐10周年の際に発売されたMV集を思い返す。外での撮影はあっても、少なくとも一般人が生活する場所・行き交う場所での撮影は無かったように思う。

SMAPが纏う空気はカジュアルで日常的で、ジャニーズが目指すファンタジーで非日常的なものとは相反する。
だから誰もがSMAPをジャニーズらしくないグループと形容する。
この本ではSMAPの音楽面でも、そういう傾向にあることを教えてくれた。

MVを見て率直に思ったのは、わたしは「街中にいるSMAP」が好きだということだ。
理由はよくわからない。でも矢野さんが指摘するSMAPが纏っていた空気、カジュアルで自由で…っていうその空気が作用していることは、間違いがない。
溶け込めているようで異質、でもわたしたちの日常に彼らが根付いている感覚を与えてくれるっていう、なんともいえない存在感を感じた。


あと嵐。
本の中で嵐の楽曲には攻めの姿勢が見られること、その姿勢に対応するためにファンは音楽のリテラシーを上げなくてはならない、ということが言及されている。
矢野さんは「THE DIGITALIAN」にその傾向が見られると指摘している。

マジか!
わたしはここ数年のアルバムの中で一番苦手なのがデジタリアンなのに!
(相葉ソロの秀作Disco Starがあるけども!)
ダメだ、嵐の音楽についていける自信がない!笑

まぁでも"攻めた"という表現からして、最大公約数的な良さより、革新性や挑戦的な趣旨の元で作り出されたアルバムだったと思うので、その路線を突き進むというより、がっつり取り組むことで嵐らしさの幅を広げる作業の一つだったのかな、って思っている。(と、思いたい)


話題が二転三転するけど、最後にもう一度A.B.C-Z。若手グループの分析の中で、Shower GateがSMAPらしい洗練された楽曲として紹介されている。
おいおいマジかよ!
確かにShower Gateはいい曲だけど、そこまで言っていいんですかありがとうございます!って感じ笑
しかし背負いすぎだ、A.B.C-Z
そこがめちゃくちゃカッコいいけどね!

と、こんなわけで楽しく読めた「ジャニーズと日本」
やっぱりジャニーズは面白い。

それでも技巧派アイドル A.B.C-Z が好き 

A.B.C-Z Star Line Travel Concert」

A.B.C-Zのアーティストとしての順応性の高さを楽しめる作品でした。
アイドルとして王道のキャッチーで明るいものから、バラード、ロックなナンバーまで表現するスキルの高さは、伊達に長く下積みやってないな、と感じさせられます。
バラード楽曲の「EVERLASTING LOVE」や「世界一」、「渚のBack In Your Heart」などの落ち着いた曲を聴くと、なかなかソロで歌声を聞く機会がない五関くんのファルセットや塚ちゃんの低音が優しくて、グループとしての深みがすごく増して、新たな魅力に気付くことができました。
クロバットだけじゃないよ、ってことで。


A.B.C-Zの楽曲って歌謡曲や80~90年代のJポップスっぽくて好きなんです。
ジャニーズの各グループにはそれぞれ特色があるけど、わたしがA.B.C-Zを押すとしたらここです。
「Secret Lover」や「砂のグラス」とか。
A.B.C-Zの5人の声質のアイドルっぽさと大人っぽさが絶妙なんですよ。
特にセンターのはっしーの歌声が誰よりも大人っぽいっていう点が、若手のグループでもこうした楽曲を歌えるというA.B.C-Zの大きな武器になっているのではと思います。*1


もちろん楽曲だけでなく、ダンスやトランポリンを使ったアクロバットなどは言わずもがな。
前半のダンスコーナーと終盤の「Fly a Flag」では振付を屋良くんが担当しており、ガシガシ踊ってます。
A.B.C-Zってメンバーそれぞれ体型が違うのに、クセみたいなものもないし、誰かが悪目立ちするようなことがないんですよね。踊れるってだけじゃなく、揃えられるってことは巧いってことなんだろうなぁ。


これだけ技術あるグループが売れてないのは、非常にもったいないな…と常々思います。
まぁどちらかというと技巧派なので、アイドルらしいキラキラ要素に欠けるのかもしれません。
それもいいじゃない!と思いますけど、それでは商業的な売りには繋がらないんですよね…難しいところです。

*1:はっしーに関していえば、歌うとあんなに大人っぽいのに、コンサートでは純真な部分も随所に見せてくれて、それが本当に可愛い…ダブルアンコールの「Shower Gate」ではとびっきりのスマイルが見れます。破顔とはまさにこのこと。

A.B.C-Zについて思うこと

もうすぐクリスマスですが、もしもサンタさんに欲しいものをお願いできるとしたら、「A.B.C-Zを魅力的に語ることができる知識とスキルが欲しい」とお願いしたいクリスマスイブイブを過ごしています。

先日「A.B.C-Z Star Line Travel Concert」が発売されました。
この感想は後程書き記すとして、Twitter上でいろんな方の感想を、と検索かけたものの、なかなか引っかからない。引っかかっても「カッコよかった!」「楽しかった!」みたいな感想が多い。

それらは別に何も間違っていないんだけど、個人的にはもっと深い感想や考察が欲しかったんですよね。

わたしはこれまでいくつかのジャンルでヲタ的なことをしてきました。
数年前にジャニーズっていう世界にお邪魔したとき、ジャニーズアイドルもさることながら、ジャニヲタって面白いって思ったんです。
対象に対する愛の重さや深さを、時に面白おかしく、時に真面目に語ることができる人がいっぱいいるんだなーという印象が強い。
直接的な関係はないかもしれないけど、肖像権に厳しいジャニーズの世界だからこそ、いかに言葉だけで魅力的に物事を伝えるかっていう力が必要だから、ファンは語彙力や言葉のセンスが優れているのかも、と思ったことがあります。

今のA.B.C-Zにはこうした語り手が少ないのでは?と思うのです。
(わたしが見つけられていないだけなのかもしれませんが)

A.B.C-Zは来年デビュー5周年。
橋本くんを除いて、みんな30代になります。
下積みが長くて、遅咲き。ファンクラブも今年になってやっとできました。
そしてジャニーズWESTのついでだの、会員数が全然違うだの言われる始末。

でも彼らはジャニーズ事務所の王道を進んでいるグループだと、わたしは思います。
だって「Never My Love」を歌っているんだもの!
舞台経験が豊富で、歌もダンスもそつなくこなせる。
体を張ったバラエティもできる。

あーもったいない!グループのポテンシャルは高いのに!
もちろん改善したほうがいいだろうな…という点はあるけども!
でもなぜ売れないのかA.B.C-Zは!!

永遠の新規が何を言ってもしょうがないのですが、ともかくA.B.C-Zはその行く末をとことん追求したいと思わせるグループなので、そんなグループがもっと多くの人から評価されるよう、一ファンとしてできることはやっていきたいと思う次第です。

NHK紅白歌合戦白組司会決定について1人の相葉ファンが思うこと

朝スポーツ紙の報道をネットで見たときは「ガセかな」と思っていました。
でもその日のうちにNHKでも報道があり、公式に発表がなされました。

正直なところ、「紅白司会はもうやらなくていい」と感じていました。というのも紅白司会をやってしまうと、カウコンへの生出演がほぼ無くなります。昨年司会の井ノ原さんはV6としてVTR出演でした。おそらく今年の嵐もそうなると思われます。

カウコンはジャニーズの多くのグループが出演する年に一度の大きなイベントです。昨年は嵐が司会をしており、初夢2ショットコーナーなど、本当に見ていて楽しいものでした。それと同時にジャニーズの一員としての嵐が見られる貴重な機会だと思います。そんなイベントに生出演することができないのだから、これほど残念なことはありません!

…といった理由でわたしは紅白<カウコンだったので、朝の報道では「ガセ」だと思いましたし、率直な感想として「やらなくていい」と思っていたわけです。

 

なぜ相葉さんが司会として抜擢されたのか、考えてみました。

今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」とのこと。

東京オリンピックパラリンピックが開催される2020年に向かって、
多くの方々が夢や希望を持ち、歩み始めることと思います。
紅白歌合戦」では、「歌の力」で皆さんの夢を応援したいと考え、
今年の「第67回紅白歌合戦」から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」を、テーマに掲げ、様々な世代の方々の夢を「歌の力」で応援していきたいと考えています。

テーマ|第67回NHK紅白歌合戦 夢を歌おう

そして起用理由としてはこんな報道があります。

リオデジャネイロオリンピックパラリンピックで沸いた2016年をしめくくる紅白歌合戦では『グッと!スポーツ』で培ったスポーツの知識と親しみやすい進行で、リーダーシップを発揮していただきたい

嵐・相葉雅紀&有村架純「紅白歌合戦」司会起用の理由は? - モデルプレス

NHKとして2020年の東京オリンピックを見据えたテーマを掲げた紅白歌合戦。リオや東京オリンピックで活躍が期待されるスポーツ選手を多く取り上げたスポーツ番組のメインMCを務めているので、その貢献度を考えれば相葉さんが選ばれてもおかしくはない。さらに好感度なども加味すれば、嵐のなかでも相葉さんはとにかく強い。司会を打診されるだけの実績はちゃんと持ってるんですよね。

逆に2010年から2014年までの嵐の司会抜擢は、どちらかという人気や話題性にベクトルを向けた人選だったのではないかと思います。もちろん貢献度がなかったと言うつもりはないですが、当時嵐に対して興味がなかった自分からすれば、「人気者を使ってみました」感が濃く出た人選だと感じていたような気がします。

 

今回の司会決定により相葉さんは、中居さん、井ノ原さんに次いで3人目のジャニーズ所属の単独司会者となります。

…こう書くと改めてNHKの相葉さんに対する信頼や期待が伺えますね!

だって中居さん、井ノ原さんと並んで、司会を任せてもOKとNHKが判断したってことになるんですよこれは!MCスキルだけでいえば確かに力は劣っているかもしれないけど、それでもここに並べるっていうのは単純に人気だけじゃない、ってことだと思います。(MCスキルのことを考えたら相葉さん1人じゃなく嵐を持ってくるでしょうし)

 

実績から相葉さんが司会者として選ばれたことは、とても素晴らしいことだと思います。相葉さんにとっても今までにないくらい大きな個人のお仕事です。そんな大きな舞台で活躍できる相葉さんを見れるのは単純に嬉しい。ファン冥利に尽きます。

だけど、やっぱり、カウコンが見たい!と思ってしまうダメなファン!(はい!)

ですが相葉さんのコメントを読んだら、なんかもうそんなことどうでもいい!やっぱり相葉さん素敵だ!と思えるほど、相葉さんらしさあふれるコメントでした。

そんなコメントがこちら。

こんな大役を僕一人がお引き受けできる立場ではないと思い、本当に悩みました…。
でもこの先、僕の人生でこんな有難いお話は一生いただけないと思います。毎年年末に「あの時にお受けすればよかった…」と後悔するよりチャレンジさせていただきたいと決断しました。
今の僕には、ただただ全力で頑張ることしかできませんが、出場歌手の皆さまに気持ちよく歌っていただけるよう精一杯努めますので、どうか皆様よろしくお願い致します。

司会者|第67回NHK紅白歌合戦

 自分の実力を考えたうえで、悩みに悩んだこと。

「やらなかったことを後悔したくない」という未来の自分への思い。

相葉雅紀という人間の強さ、弱さ、優しさなど素敵なところがぎゅっと詰まったコメントだと思います。

このコメント読んだら「やらなくていい」なんて言えない!

巷ではいろいろ言われています。相葉さんが悩んだのもきっとそういう声があることをわかっていたんでしょう。でもそれに立ち向かい、自分が後悔しないほうを選び、頑張ると決められる。そしてその成功のためにたくさんの努力をできる人なんです、相葉雅紀という人間は。

だからこそ司会を任されるまでの存在になったのだと思います。本当にすごい人だ、相葉さんは。

2016年12月31日は相葉雅紀にとって特別な日になることは間違いありません。そしておそらく今までにないくらい素敵な姿の相葉さんを見ることができるような気がします。あーなんかワクワクしてきた…!

 

あ、もちろんカウコンも楽しみです!今年もコーナー企画、期待してます!

「ヒール」としてのSMAP

SMAPはジャニーズの中で「ヒール」(悪役)としての一面も持っていた。
そんな一面がある彼らがグループとしていなくなってしまうのは惜しいし、なんだかつまらない気がする。

報道やネットなどで様々な意見に触れて、わたしが思うことです。

ここで「ヒール」という言葉を使ってSMAPを悪く言うつもりは全くありません。ジャニーズ一時代の礎になったSMAPが落とした影。これを「ヒール」としてのSMAPだと思っています。

ちなみにヒール(Heel)=悪役というのはあまり一般的ではないようです。一般的に悪役という意味合いで使われるのはヴィラン(Villain)。ヒールはプロレスでよく使われる言葉らしいので、役割としての悪役に近いこちらを使わせてもらいます。

ヒール (プロレス) - Wikipedia

 

SMAPはジャニーズ要素を極力除いて売り出し、成功したグループだと言われることがあります。
そうした戦略のせいかなんなのか、後輩グループのTOKIO、V6はSMAPの活躍の裏で大変な思いをしていたとか。(ファンの方と思われるツイートから)
だからSMAP、というかSMAPマネージャーの飯島さんの評価は、SMAPファンとTOKIOやV6ファンでは大きく異なるそう。

しかしこうした一面こそがヒールとしてのSMAPだったわけで、SMAPに負けまいとTOKIOやV6が悩みながら努力を続けた結果が、現在のグループのイメージや仕事に繋がっているのではないかと思うのです。

では嵐との関係を考えてみます。
(KinKi KidsSMAPのバックダンサーを務めていたこともあって、ここでの関係性にはヒールとしてのSMAPはあまり見られないのかな、と思うので飛ばします。)
SMAPと嵐の関係、ここでは中居さんと嵐のうたばんでの「下剋上コント」を挙げます。

あれ、今見ても面白いですよね。
もちろん中居さんと嵐、貴さんのスキルもあるのですが、何より先輩にああやってイジられる嵐はこの絡みでしか見られない。
TOKIOやV6ももちろん嵐をイジってくれるんですが、学生時代の3年生と1年生のような「先輩に懐く後輩」図がとても微笑ましい。先輩も後輩を可愛がっている感じがよく出ている。SMAPを越えて東山さんやマッチさんまでいくと、失礼が無いように気を遣いすぎてしまっているような印象を受けます。では中居さんのイジリではどうか。わたしは学年が1、2代ずれたOB生と現役生のような関係性に見えます。どちらにもある程度の距離が感じられますが、気を遣いすぎるなんてこともない。それゆえ「下剋上」と呼ばれる緊張感がありながら、その関係性を面白おかしくイジれる絶妙なコントが生み出されているように思います。

ここで中居さんは「嵐に説教する先輩」という役割を担っていますが、これもある意味で「ヒール」だなと思うのです。


売り方の戦略にせよ、バラエティでの面白さを追求したにせよ、SMAPは「ヒール」としての振る舞いが似合う、稀なグループだったと思います。もちろんヒーローとしてもですが。
一番高いところの景色を見たグループだからこそ、そういった役割が担えたのではないでしょうか。

「ヒール」が強くないと面白くないですからね。