読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きですけど、なにか?

常になにかのヲタでいたい。今はジャニヲタです。

「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」実況的感想文

祝!「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」DVD&Blu-ray発売!
Disc1の映像を流しながら感想を書いてみました。
見ながら書いてるので乱文です。(多少アップ用に修正かけてますが)

●overture
アニメスタート。もうちょっと描き分けられたらな…と。
色でしかわからんのよね…A1-Picturesさん、もっと頑張ってほしかった…

ニノさんは武士。
大野さんは刀工。
相葉さんは赤ちゃんおぶって竹取り。
櫻井さんは茶人。
松本さんは城主。屋根まで紫。
「刃ではこの町は作れぬ」

そして5人から「今をどう生きる」と問いかけられる。

筆字で「Japonism」かっこいい!

●Sakura
イントロで鳥肌。ドラマで使われていただけあって、イントロインパクト大。
ダークな曲調だけどダンスナンバーだからここぞの見せ場で今後も歌っていただけることを期待。
「引きの画が多いなぁ」と思うけど、Sakuraはいろんなところでやってるからそんなに気にならずに済む。
ただメインスクリーンが主役ですか?とばかりによく映る。


●口上
日本を、ジャニーズのエンターテイメントを感じて、と。


●miyabi-night
口上終わりでJrが登場。全景が入ってるのはまだいいとしても、個々のメンバーとバックのJrに寄った部分がやけに遠く感じてしまって、なんかもったいない…ただメインスクリーンで流れている映像はキレイ。
一部「心の空」の振りが入っているように見えた。

ワイルドアットハート
和アレンジになってる。和太鼓かっこいい!三味線から自然にイントロへ!
電飾も紅白になって、アクセントで聞こえてくる三味線がいい味出してる。

●Troublemaker
こちらもアクセントに三味線が。「ハッ!」って聞こえるんだけど、コーラスかな?
「Are you ready?」の翔さん!イケイケ!
ここのラインダンスめっちゃいい!
腰を振ってる松本さんのおしりがかわいい…
そして大野さんが入れない!

●青空の下、キミのとなり
ペンライト無線制御きたー!めっちゃきれい!いやーほんときれいだ…
実際アリーナで体感してみて、自分も演出に参加している気分になってめっちゃアガりました。


●挨拶
櫻井さんの煽りよ!イケイケ!(2回目)
珍しくC&Rは男女に分けて。男性陣、野郎ども、女性陣、女の子たち。
この言葉のチョイス。櫻井さんらしいなぁと思う。

いつもの「Let's get the party started!」は「Let's get the UTAGE started!」
なんつったってJaponismですしね!


●Make a wish
さわやかな応援ソング。櫻葉!

●MUSIC
単純にタップダンスで違う音出させるって発想がすごいと思った。
でも前回のDIGITALIANで似たようなことをやっていたと、後々になって気付く。抜かりないです。

●Don't you love me?
松本さんが追われるドラマ。手をパシンって叩く振付、どういう意味なんだろう。
歌いつつ踊りつつで結構しんどそうなパルクール
歌い終わるまで追っかけるの待ってくれてるパルクーラーの皆さん。

MJ逃げてー!超逃げてー!

●イン・ザ・ルーム
この流れでインザルームは否応にテンション上がる!
相葉さんの衣装!
翔さんの座り方!帝王帝王!
ここでまたしても引きの画が多用されてしまう。ここはマルチで見たかったです!
そしてできれば大野さんと松本さんにも衣装のインナーは襟付きやってほしかった!(松本ソロの都合上仕方ないことだけど)
「ルージュ」というだけあって、赤の照明がとてもきれいに映えている。

●マスカレード
そしてマスカレードね。この流れは鉄板ですよね。譲れません。さすが歌謡曲好きな松本さん、わかってらっしゃる!
後ろのスクリーン付き回転扉がザ・ベストテンみたい。
帽子のかぶり方にも個性が出ていて面白い。
大野さんの裾の払い方!めっちゃセクシーです!ありがとうございます!

2番は後ろからJr.が登場。ここからなぜか宝塚っぽさを感じる。
ジャズダンスと呼ばれるものになるんでしょうか。
振付考えた大野さん、素晴らしい。そしてありがとうございます!(2回目)

●Happiness
ここで定番曲がくると、すごく安心。ほっと一息つける。
松本ソロ~マスカレードまで、なかなか濃い内容でしたからね…
服が引っかかっちゃった相葉さんをニノさんが助ける。にのあい尊い。

●ハダシの未来
盛り上がりがすごいのか、いつも以上に5人のファンサが大きい気がする。

●GUTS!
GUTS!もライブの定番曲になるかな。
(調べてみたら2014年ハワイの初回披露時から毎回披露されてた)
じいまごが可愛い。フロート?のにのあい距離が近すぎます。バランス見て!笑
そして本日2回目の櫻葉。
マーチングっぽくセンターステージに集まるのもいい!
センターステージはなんか野球のマウンドっぽくなってます。

●愛を叫べ
これもきっとコンサートの定番曲になるんだろうな。ウェディングソングだけど。
振りも簡単だし、ハッピーで盛り上がるし。
アリーナ披露時の弓を引くところの振りがかわいすぎるので、そこも含めて定番化していただきたい…(切実に)


●MC
松本さんお疲れ気味です。ソロから休み無しですからね。
一度でいいから「すげぇぞこの空気」って嵐から褒められてみたい…

マスカレードの振付の話。
大野さん曰く、オマージュに近いこともやっているとのことなので、ジャニーズらしく見えたのかなぁ。(わたしはジャニーズ通り越して宝塚だったけど…)
水を吐くシーンで相葉さんは飲み干しちゃうんだ笑

泣き虫コンビの生存確認かわいい。
バク転ができちゃったらという話。櫻井さん除け者。でも主役。
観客置いてけぼりのJr.時代のバク転秘話。

メインステージに戻ってにのあいでMC。
ニノさんから映画のお知らせ。相葉さんによる予告編「町子がね」
相葉さんが遭遇した応えられなかったファンサ「血管見せて」は大野先生が正解披露。大野さんは本当にたくさんファンサしてくれるんだなぁ。

見学にV6やHey!Say!JUMPのメンバーが見に来てるとのこと。
で、櫻井さんからまっすーが2,3日来ているという話。
いや、行けるもんなら2日でも3日でも行きたいし、行って価値あるコンサートですよ、ここまで見た感想として!

プライベートで集まるのは緊張するという5人。
やはり仲が良いとは言えど、仕事場で会うのとはまたちょっと違うんだなぁ。

こっそり大野さんとニノさんが準備運動してます。

虫みたいに言われていた松本さん。それを言い出したのは自己申告で櫻井さん。
そんな櫻井さんは米。
そしてその米翔さんに怒られるニノさん。

相葉さんの「MUSIC START!」かわいい!


●日本よいとこ摩訶不思議 coverd by 嵐
いろんなジャニーズグループがでてくる
そして本物・東山さん登場。衣装きめっきめのキレッキレです。

ミュージックステーションの日にオファーということは、わずか2日ばかりってことでしょうか。

●君への想い
入所順に小さいころの写真から現在までのフォトムービーがスクリーンに。
これだけでもしっかり見たい。。。
こういうフォトムービーって、プロだったらちょちょいで作れるのかもしれないですが、ある程度「愛」とか「親しみ」がないと作れない気がするんですよね。スタッフさんからの愛を感じます。

●Rolling days
歌ってる翔さんやっぱかっこいい。イケイケで、オラオラなんですよね。
歌いながらドラムって難しいと聞いたことがあるんですけど、こなしているのはすごい。しかもラップって!

●Mr.FUNK
Mr.FUNKが空からやってきたー!
ディスコスターではなくファンクスターです!
スクリーンにもちゃんとファンクスターって紹介されてます!
Jr.引き連れて踊る感じがカッコ良い。ブラザーたちと、ですもんね。
「噂に聞いたスター」でディスコスターっぽい振りが!
あぁー!キスばらまかれたー!
会場全体がミスターファンクコールで応援する中、ティシュー成功したー!
生きててくれてありがとうー!

●FUNKY
そんで間髪入れずにFUNKY!この流れはヤバイ!アガる!
翔さんの衣装がカッコ良い。本当はこういう系統が好きだし似合うんだろうなぁ。
東京ドームがダンスホールに早変わり。
遅れて登場の相葉さんの衣装、帽子込々でかわいい。はぁーずるい。
FUNKYもコンサートの定番曲になりそう。

●Bolero!
そしてまだまだ冷まさせない!これめっちゃ盛り上がる!
ニノさんの高音!
カズダンス!松本さんのカズダンス可愛い!末ズが可愛い!
ディスコスターがでてきた!大人気すぎる!

●暁
すでにマスクマジックは何千回とやってきたとはいえど、3日(本人談)でマスターするってのはそれはそれで大変だったのではないかと。思わず息をのんで見てしまう。
マスクパフォーマンスが終わり着物をさっと脱ぐ、そんな所作もきれいな大野さん。

●Japonesque
和楽器隊登場。三味線と和太鼓の音でテンション上がらない日本人はいないでしょう!
加えてこれは海外の人が好きそうな演出。

そして満を持しての五人衆登場!

スクリーンの桜がめっちゃきれい。
ただカメラが遠い!着物や振りを細部で見たいのに!
舞台の仕組みが以前資料で見た歌舞伎の舞台に似ている気がする。

マスカレードでの帽子だけでなく、扇子の扱い方にも個性が出てる。

にやっと不敵に笑う翔さんは、日ごろ研いだ爪を隠しているんだなぁ。

●心の空
この流れ!素晴らしい。
Japonesqueからの流れだけでも、一つのエンターテイメントとして見る価値あります。

SUNRISE日本
ここまで日本っぽいのが続いてきたけどここで締め。
いい感じにラストの盛り上がりにつながる!

●Oh Yeah!
最後の最後だけど盛り上がるには最適の曲!ホントにコンサート向きの曲!

●Believe
このタイミングでBelieve!衣装が白と赤で国旗カラーをイメージしているのかも。
Believeと言えば、翔さんのラップ。このラップ詞は嵐のこれまでとこれからを表現している部分だと思っているので、「今をどう生きる?」のアンサーにも聞こえる。

●僕らがつないでいく
壮大系の曲って苦手意識があったんですけど、アルバムで聞いた時からこの曲はとても素敵で。メッセージ性はあるけど、それよりもメロディがきれいだからあまり気にならなかったのかも。
ドームのような広い場所で聞くと、より心に響く曲。
「今をどう生きる?」という問いのもう一つのアンサー。

 

****

 

総合的に見て、「Japonism」素晴らしいコンサートでした!

ちゃんと日本らしさが存分に表現されていたし、ジャニーズらしさ(≒ジャニーさんの趣味趣向)というのも感じ取れました。

 また映像作品的に言えば、カメラワークについて少々腑に落ちない点もありますが、一部だけですし、演出されている空間が華やかできれいなので、大きなマイナスにはならないように思います。個人的にはBlu-rayだと本編が1枚で収まるってのも推しのポイントです。

「Japonism」は好きだ!って曲が多く、そのアルバムをひっさげたコンサートがこんな素敵な形で映像として残るということで、じわじわと喜びがこみあげてきています笑

今年はどんなアルバムを作ってくれているのでしょうか。楽しみ!

寝る前にもっかい見よ。